独り言

食の選択

2017.11.15

食の足し算・引き算

今回は食の足し算と引き算について語ろうかと思います。

私にとっては日常的なことなのですが、自分の身体の為に まず最初にすること

 

それは

身体にとって健康に良い食品を探すこと」ではなくて

身体にとって害があるであろう食品の摂取をやめることです。

 

普段食べている物で、体に良い影響を与えているものと悪い影響を与えているものを把握します。
把握したら 悪い影響を与えている食品を摂らないようにする。

それだけです。とてもシンプルです。

 

例えばスーパーなどでお豆腐を買う際、
「遺伝子組み換えでない」と書かれたものと「何も表記されていない」ものが並べて陳列されていたらどちらを買うでしょうか。
ほんの少しだけ遺伝子組み換えでないお豆腐の方が高かったとしても、そちらを選ぶ人が多いのでは?と思います。

 

それは何故でしょう?

「遺伝子組み換えされたものは身体に良くない」と知っているからですよね。
つまりはそういう事です。

 

大豆製品などは遺伝子組み換えでない。と表記されているので判別出来るわけです。
しかし、そう書かれていないものについてはどうでしょうか?
スーパーで買い物をしている殆どの方がそこまで意識して買い物をしているようには見えません。

 

よくメディアに取り上げられた情報を鵜呑みにして

○○を摂ると身体にイイらしい♪

○○は脂肪を燃焼させるらしい♪

糖質ゼロ(カロリーオフ!)

というものに心躍らせる人が多いですが、私は全くそういうものに興味がありません。
果たしてそれらを摂取して結果が出た人って多いのでしょうか。

 

通常の食生活にプラスして摂取する場合 これは「足し算」です。

 

例えば 毎日コンビニ弁当やファストフードの食事、スーパーのお惣菜などを食べている人がいたとして、その人が身体にいいものをプラスして取り込んだところで、答えは見えていますよね?

 

言うなれば 泥水で髪を洗っているようなものです。
でも 綺麗にしたいから 高価なシャンプーやヘアパックを探して使う

 

以前勤めていた会社で

「毎日サプリ飲んでるんだけど、効果無いんだよねー

とボヤいていた人がいました。

そりゃそーです。
コンビニ弁当やカップラーメンと一緒にサプリを飲んでも何も変わらないでしょう
良くて現状維持なのでは?と思います。

 

綺麗にしたいなら、まず泥水を使うのをやめなければなりません。
一時的な誇大広告を見て自分の身体に取り入れる必要は無いのです。

 

そういうものに心躍らせると「物事の本質」を見失う事があります。

 

自分の身体には何が合っていて何が合っていないのか
それは自分にしか分かりません。

そして何を選択するのかは個人の自由です。
ですが、少しでもこの話が気になった人は自分の身体に聞いてみてください。

自分には何が本当に必要で、何が不必要なのかを。

-独り言
-

Copyright© Veggical Kitchen , 2020 All Rights Reserved.