独り言

ヴィーガンって面倒くさい?

相変わらず「自分勝手な考え」と「矛盾していることを言うかもしれない」独り言のコーナーですw

スポンサーリンク

とあるヴィーガンのグループ(SNS上のグループ)で「うーん?」と思うことがあったので書くことにします。
(そのグループに属してはいませんけど 笑)

人への思いやりは何処へ?

SNSでのやり取りですから写真の投稿がメインになるわけですが、他者の投稿に対し

それ、パーム油が使われているのでヴィーガンじゃありません!

とか

自分の写真を投稿した人が身についけていた革製品っぽいものに対し

その革製品、今度から使うのやめてくれませんか!

とか。。。

なんか「恐い場所だなー」と感じるコメントを何度か見たことがあります。

例えばですよ?

もしその人がヴィーガンになったばかりで、知らずに食べていたとしたら?
もしその人が使っていた革製品が思い出の大切な品だったら?

そういう発想にはならないのでしょうかね。

動物への思いやりはアピールしているにも関わらず、人への思いやりというか配慮が足りない気がするんですよね。

とてもアドバイスしているようには聞こえません。
もっと「言い方」ってあると思うんです。

ヴィーガンになったばかりの人がそんな言われ方したら凹みますよ 笑

全然ウェルカムな環境じゃない…。

そりゃー厳密に言えば「パーム油」もヴィーガニズムとしては問題なんでしょうけど、重箱の隅をつつくようなコメントは逆効果な気がするんですよね。

「知らない方が悪い」
という人もいるかも知れません。

若しくは「エシカル・ヴィーガン」以外はヴィーガンと認めないとでもいうのでしょうか。

そもそも、今の世の中の食事情を考えると「菜食にしてみようかな」とか「週一ベジにチャレンジしてみようかな」というだけでも凄いことだと思いませんか?
僕はそういう人達を応援したいと思っています。

以前にも書きましたが「否定は分離(ネガティブ)」という発想を生みます。

スポンサーリンク

ヴィーガン歴何年?

これも個人的にはどうでもいいと思うことですがね 笑

ヴィーガンになってまだ日が浅い人がグループに参加した際

はじめまして!私はヴィーガン歴10年です。宜しく〜

と若干上から挨拶を返す人がいますが、キャリアが長いと偉いとでもいうのでしょうか 笑
ヴィーガン1年目だろうが10年目だろうが僕にとっては同じです。

持ち得ている知識の量は違うかも知れません。
しかしヴィーガンにキャリアは重要ではありません。

そんなことはどうでもよくて、気持ちが大切だと思っています。
そもそも個人のライフスタイルですからね。

ヴィーガンという「扉」はいつでも開かれていて、その先はハッピーな場所であって欲しいのです。

「ヴィーガンって面倒くさそうだね。。」と言われるより

「ヴィーガンって楽しそうだね!」と言われたいじゃないですか。

僕はそう思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • Mamihik
    • 2018年 3月 01日

    かずさん、相談です。私のパートナー(彼)はVegan歴3か月。若干3か月にして、その厳格さはどんどん強まり、先日椅子を買いに行ったところ、木製の椅子でしたが、接着剤がVeganじゃないかもしれないと、気に入った椅子にも関わらず購入することが出来ませんでした。彼はVeganを他人に押し付けることは決してなく、自分はVeganの良い例にならなければならないと前向きでした。しかし、さすがに動物搾取の物質を知れば知るほど強まる彼のこだわりに、彼自身もおびえていました。残念ながら、私からすると楽しそうなVeganではもうあらず、強迫性障害に似たものを感じます。私の彼はレアケースでしょうか?Veganの方たちはここまで厳格に、Veganに理解のない世界で葛藤を抱え、みな生きているのでしょうか?正直辛そうです。彼へのアドバイスは何かございますか?

      • Kaz
      • 2018年 3月 02日

      Mamihikさん

      コメントありがとうございます。
      彼氏さんはとても信念が強い方なのでしょうね。素晴らしいと思います。

      あくまで僕個人的な見解というか思ったことを書きますね。

      Veganになって3カ月だと、体重や精神的、思考などにも色々変化が出てきておかしくない時期だと思います。
      「僕はVeganなんだ!」という意識が強く芽生えてくる頃でもあります。

      Veganって地球や動物のためとはいえ、自己完結型のライフスタイルですから、ようはどこでラインを引くか。
      がとても重要なポイントになってくると思います。

      エシカル・ヴィーガンやダイエタリー・ヴィーガンなど色々カテゴリーがありますが、ダイエタリー・ヴィーガンだけでも僕は立派なヴィーガンだと思います。

      「こうでなくてはならない!」という信念が強すぎると、そればかりにとらわれて生活が楽しくなくなりますよね。
      一度、肩の力を抜いて「気楽にやろう!」と考えることも時には大事だと思います。
      せっかくの人生です。楽しくVegan生活を送らないともったいないじゃないですか♪

      己と戦わずに共存する考え方にシフトしてみてはいかがでしょうか。

      気に入った椅子も「接着剤がVeganじゃないかもしれないけど、だとしたら尚更大切に使おう」という考え方があってもいいと思うのです。

      「良い・悪い」の二者択一でなく、もっと柔軟で気楽に、そしてワクワクすることを考えると、また違った世界が見えてくると思いますよ♪

      たいしたアドバイスにもなってませんが、僕はそう思います。
      どうか楽しいVeganライフをお送りください♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP