Cuisine

チャナマサラ(ヴィーガン)

インドカレーの一つで、ひよこ豆のカレーと言えば分かりやすいかも知れません。
時折、これを無性に食べたくなるのです。

序盤に炒めるクミンシードの香りから気分は完全に異国モードへ突入 笑
こういう時に、料理の楽しさみたいなことを感じます。

「台所で旅をする」…とは、まさに名言ですな!

このレシピは所謂カレールーというものを使わないので、慣れていない人にはスパイスがキツく感じてしまうかも知れませんが、クセになる美味しさがあります。スパイスさえ揃えば他の材料は至ってシンプル。簡単に出来てしまいますよ。

是非一度お試しアレ♪

スポンサーリンク


【材料】

・ひよこ豆      200g
・菜種油       大さじ4
■シナモンスティック 1本(パウダーでも可)
■クミンシード    大さじ2
■コリアンダーシード 大さじ1
■カルダモン     3〜5粒
■クローブ      3〜5粒
・にんにく      1かけ
・生姜        1かけ
・玉ねぎ       1個
・トマト       3〜4個
・ガラムマサラ    小さじ2
・カイエンペッパー  適量
・塩(ゲランドの塩)  小さじ2


【作り方】

1.ひよこ豆を一晩浸水させ、水切りした後に圧力鍋で10分程圧をかける
2.鍋に油と みじん切りにしたにんにくと生姜、■のスパイスを順に入れ 中火よりやや弱めで炒める
3.香りがたってきたら好きな大きさに切った玉ねぎを入れ、キツネ色になるまで炒める
4.ダイスカットしたトマトとガラムマサラ、ひよこ豆を入れて水分がある程度無くなるまで煮詰める
5.カイエンペッパーと塩で味を整えて完成♪


【Notes】

ひよこ豆を一晩浸水させて圧力鍋で〜が面倒な人は水煮缶でどうぞ
トマトは勿論、トマト缶でも代用可能です(生のトマトを使った方が美味しい)
ターメリックや茄子を入れたり、お好みで色々具材を足してください
(写真ではグリルしたカボチャとオクラをトッピングしています)

個人的には1〜2日程度寝かせてから食べるのがオススメ♪
(味に深みが増しますよ!)

何を食べて生きてるの?前のページ

8ablish 表参道次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP