Cuisine

根菜のクリームシチュー(ヴィーガン&グルテンフリー)

寒くなると温かいものが恋しくなりますよね。
お鍋やおでんもいいけれど、根菜類が美味しい季節でもあるので今回は豆乳を使ってクリームシチューにしました。
小麦粉は使わずに米粉を使っているのでグルテンフリー仕様。

スポンサーリンク

菜食でも もちろんクリームシチューは作れます。
僕は固形スープの素を使用しないのでブイヨンからとりますが、面倒な人はベジタブルキューブなどお好きなものを使ってください 笑

■身体を温めてくれる根菜類

旬の季節が冬であるものが多い根菜類は夏が旬の野菜より水分が少ないため、身体を冷やさないといわれています。
また、ビタミン類が豊富で血行を促進させる作用や毛細血管が弱らないように保つ作用もあるそうです。
冷え性の方にはおすすめですよ〜!

■ブイヨンをとるのはそんなに面倒じゃない 笑

既にブイヨンをとって料理してるよ!って人はそのままお好きなブイヨンを使って頂いていいです 笑

やってみたいけど大変そうだし…という人は是非やってみてください!
思ってるほど面倒じゃないですし、時間もそれほどかかりません。

ブイヨンのとり方は、以前スープカレーでご紹介したのでそちらを併せてご覧ください

因みに今回の具材には使いませんが、セロリはあったほうがいいです。
ピーマンやトマトのヘタ部分ももしあれば使ったほうが美味しいスープがとれます。

ブイヨンに使えるけど捨ててしまっている部分は冷凍保存しておけば便利です。
僕は舞茸やエリンギなどの使わない部分なども捨てずに冷凍していますよ!


【材料】(4人分〜)
人参        中1本
里芋        大小4個
かぶ        中2個
ごぼう       小1本
玉ねぎ       1個
エノキ       1P
にんにく      1片
オリーブオイル   適量
無調整豆乳     200ml〜
米粉        大さじ2
ローリエ      2枚
ブイヨン      適量
塩(ピンクソルト) 適量
ホワイトペッパー  適量


【作り方】
1.にんにくはみじん切りに、玉ねぎはくし形に切る。それ以外の野菜は食べやすい大きさに切っておく。

2.鍋ににんにくとオイルを入れ、焦がさないように弱火でゆっくり火を入れる。香りがしてきたら玉ねぎをきつね色になるまでじっくり炒める。

3.鍋にごぼう、人参、里芋、かぶの順に入れてよく炒める。(ひとつの野菜がある程度炒まったら次を入れる感じ)

4.「3」に米粉を入れ、全体になじませる。

5.「4」に材料がかぶるくらいのブイヨン(常温以下)とローリエ、塩(小さじ1程度)を入れて煮込む。里芋が柔らかくなったら豆乳を加えて味を整える。

6.弱火で好みのとろみにし、塩胡椒で味を整えて完成。


【Notes】
・シチューを作る前日など、予め事前にブイヨンを作っておいた方が楽です。余ったブイヨンは冷凍保存が可能です。

・ブイヨンを入れる量により、米粉の量を調整してください。僕はブイヨンを600ml以上入れたので、米粉は大さじ2強くらい使用しています。
ブイヨン400mlくらいに対し豆乳100mlであれば米粉大さじ2で大丈夫です。

・米粉と豆乳を事前に溶いておいてもいいと思います。お好きな方法でどうぞ♪

 シチューなどの料理には鋳物の鍋が最高です 笑

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • みか
    • 2018年 12月 13日

    ありがとうございます!

      • Kaz
      • 2018年 12月 13日

      みかさん

      いえいえ、どういたしまして〜(^ ^)

    • みか
    • 2018年 12月 13日

    しあわせになりそうな料理ばかりですね!
    ブイヨンやってみます!
    ちなみに冷凍の際には食材ごとで分けてますか?
    ヘタ類、キノコ類、など。

      • Kaz
      • 2018年 12月 13日

      みかさん

      ありがとうございます♪
      ブイヨン是非是非!!
      冷凍するものは分けてないですよー!
      無農薬のオレンジの皮とか、そういうものは分けますけどね 笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP