Cuisine

ゴーヤチャンプルー(ヴィーガン)

夏を代表する野菜のひとつでもあるゴーヤ。
栄養豊富で疲れが溜まりやすい夏にはもってこいのお野菜です。

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプルーといえば通常卵を使うことが多いですが、そこはいつものスクランブル豆腐で代用してみました。

スクランブル豆腐のレシピはこちら

■ゴーヤの栄養素

ゴーヤー(苦瓜/にがうり)が含んでいるビタミンCの量は76mgと非常に多く、キュウリの14mgやトマトの15mgに対して5倍以上も含まれています。ビタミンCを多く含むといわれるキウイでさえ69mgですから、ゴーヤ(苦瓜/にがうり)に含まれる量が如何に多いかが分かります。
出典:旬の野菜百科>ゴーヤ

スポンサーリンク

ゴーヤといえば苦味。
あの苦味の成分(モモルデシンというらしい)は

  • 血糖値や血圧を下げる
  • 胃腸の粘膜を守る
  • 夏バテ改善

などなど、20種類以上ものアミノ酸からなるゴーヤならではの成分なのだそうです。


【材料】(スクランブル豆腐分を除く)
ゴーヤ         1/2本
スクランブル豆腐    1/2丁分
大豆ミート       適量
厚揚げ         適量
菜種油         小さじ1
胡麻油         小さじ1
★醤油         小さじ1
★塩(ゲランドの塩)  適量
★胡椒         適量


【作り方】

<ゴーヤの下ごしらえ>
・ゴーヤを縦半分に切り種とワタを取り除き5mm前後に切る
・切ったゴーヤを塩もみして5分ほどおいておく

1.大豆ミートを商品の指示通りに戻しておく

2.フライパンに菜種油をひき、厚揚げをカリッとするまで焼いたら一旦取り出しておく

3.フライパンはそのままでごま油を加えゴーヤを炒める

4.ゴーヤに火が通ってきたら大豆ミートと厚揚げ、スクランブル豆腐を加え★の調味料で味を整えて完成


【Notes】
・スクランブル豆腐とゴーヤの下ごしらえで塩を使うので、仕上げの塩は必要に応じて量を調節してください

・今回は大豆ミートが余っていたので使用しましたが、無くてもモチロンOK!厚揚げも使っているのでボリューム的には満足の一品だと思います

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP