Cuisine

バナナとアボカドのチョコレートケーキ(ロー & グルテンフリー)

今回はケーキといってもローケーキのご紹介です。

今ではすっかりローフードも広まっているので書かなくてもご存知の方が多いと思いますが、要は「焼かないケーキ」とでも言いましょうか。
当然オーブンも使わなければ材料に粉類も使いません。フードプロセッサーとブレンダーがあれば作れます。

スポンサーリンク

Raw(生)、もしくは48度以下で調理したものを「ローフード」といいますが、食材に含まれる食物酵素やビタミン・ミネラルなどの栄養素をそのまま体内に取り込むことが主な目的です。

エイジングケアや、自然療法、または病気の予防といった観点からも取り入れている人が増えているようです。

因みに、以前ご紹介した春菊のジェノベーゼもローフードはこちら

先日、友人が家に遊びに来た時に今回のケーキを食べてもらいましたが大好評でした♪
バナナとカカオはオーソドックスな組み合わせですが、アボカドも使っているのでとても濃厚な味わい。
クセになる逸品ですよ。

冷凍しておくとアイスケーキのようにもなるので、夏にはピッタリではないでしょうか。


【材料】(18cm型を使用)
<クラスト>
・アーモンド(生)    120g ※要浸水
・デーツ(種を取り除いて) 50g
・ローキャロブパウダー  20g
・塩(ピンクソルト)    ひとつまみ

<フィリング>
・バナナ         大2本
・アボカド        1/2個
・カシューナッツ(生)  100g ※要浸水
ローカカオパウダー    50g
・水           80ml
・ローカカオバター    90g ※要湯煎
アガベシロップ     100g


【作り方】
1.「クラスト」を作る:水気を切ったアーモンドをフープロに入れて粒状になるまで撹拌したら、残りの材料も入れて更に撹拌する
2.「1」を型に入れ、押し固める
3.「フィリング」を作る:材料を全てブレンダーに入れ、滑らかになるまでよく撹拌する
4.「4」を「2」の型に流し入れ、冷凍庫で2〜3時間冷やしたら完成


【Notes】
・アーモンドは8時間以上、カシューナッツは1時間以上浸水させてください
・ローカカオバターを湯煎する際、48度を超えないようにしてください
(生、もしくは48度以下で調理したものがローフードの基本…ですが、拘らなければ細かいことは気にしないでください 笑)
・クラストに使ったキャロブパウダーが無い場合はカカオパウダーで代用してください

Tシャツを買って動物を救う「CHARI-T」前のページ

ズッキーニとカリフラワーのベジカレー(ヴィーガン & グルテンフリー)次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP