Cuisine

ヴィーガン スープカレー

スポンサーリンク

有機野菜はそうでもないですけど 無農薬野菜や自然栽培に近い状態の野菜が手に入った場合、使える野菜くずは捨てずに冷凍保存しておくことにしています。

何故か?
野菜くずから出汁(ブイヨン)をとる為です!!

ベジタブルストックなどのような固形スープの素を使わない僕にとって上記のような野菜からでるくず部分は、ブイヨンを作るうえで欠かせないものなのです。

時間があるときにブイヨンを作って小分けに冷凍保存しておくと色々重宝します。忙しい人にはオススメですよ!

■ブイヨン作りから始めるスープカレー

今回のスープカレーは玉ねぎの皮、人参の頭部分、ピーマンのヘタなどなど…通常であれば捨ててしまうような部分を全て利用してブイヨンスープを作ります。

因みに…
玉ねぎの皮を使うと旨味は出ますが、スープに色がついてしまうので、透明感を出したい場合は皮を除いた方がいいですよ。(今回は旨み重視なので当然使いますけどね)

このスープカレー、作った当日よりも二、三日冷蔵庫で寝かせると味にコクがでて美味しいです。
野菜の旨味成分が出てくるんですよね。なので、当日は我慢して後日食べてください笑

■カレー粉不使用

とはいえ、面倒な人は普通にカレー粉を使っていいと思います 笑
(★印のスパイスの代わりにカレー粉を使えば作れます)

スーパーなどで売っている一般的なカレー粉は小麦粉が入っているものが多いので そこだけ気をつければグルテンフリーになりますが、それさえも気にしない!という人はお好きなものでどうぞ 笑

今回は材料も作業工程も少々多めなので早速レシピに行きましょー!


【材料】4人分〜
玉ねぎ       1個
人参        1本〜
トマト       1〜2個(300g)
じゃがいも     大1個〜
ピーマン      2個〜
パプリカ(option)1/2個〜
セロリ       10cm程度
ローリエ(option)1枚〜
パセリ       1房
にんにく&生姜   各1片
菜種油(植物油)  適宜
ドライバジル    小さじ2

↓「★」の材料はパウダー
ターメリック     小さじ1
クミン       小さじ1
カイエンペッパー 小さじ1/2〜
コリアンダー    少々
ガラムマサラ    少々
★カルダモン(option)少々

ブラックペッパー   適宜
塩(ピンクソルト)  適宜


【作り方】
<下準備>
・にんにくと生姜をすりおろし、水80mlで溶いておく

・玉ねぎの皮をよく洗ってむき、ザックリとみじん切り ※皮(一番外側の皮)はブイヨンに使用

・トマトはヘタをとってザックリとみじん切り ※ヘタはブイヨンに使用

・ピーマンはヘタを取って食べやすい大きさにカット ※ヘタはブイヨンに使用

・人参は皮をよく洗ってむいてから食べやすい大きさに乱切り ※皮はブイヨンに使用

・じゃがいもは皮をよく洗い乱切り(無農薬野菜などであれば皮付きのまま使用します)

・パセリをみじん切りにしておく

・セロリは適当な大きさにカット ※ブイヨンに使用するので捨てる部分を優先に使用

・パプリカを使う場合はピーマン同様、ヘタはブイヨンに使用します

スポンサーリンク

1.油をひいた鍋に<下準備>で「ブイヨンに使用」と書いた部位とセロリ、ローリエを入れ、中火で焼き色がつくまで炒める。

2.いい感じの焦げ目がついたら冷水1000mlを入れて煮込む。しっかり沸騰させたらトロ火にし、蓋をして30分程度煮込む

3.スープを煮込んでいる間 玉ねぎを濃い飴色になるまで炒める

4.「3」にトマトを加え、水分がなくなるまで潰しながらしっかりと炒める。水分がなくなりモッタリした感じになったら★の調味料とパセリ、ドライバジル、塩を入れ弱火で混ぜ合わせる(カレーペーストみたいな感じになります)

5.煮込んでいたスープの野菜をザルでしっかりと濾し、スープをとる。600mlくらいあればベスト。足りないようであればその分水を足す。

6.人参、じゃがいも、ピーマンを軽く焼き色がつくまでフライパンで炒め、「4」に加える。

7.「4」の鍋に「5」のスープを入れ、よく混ぜ合わせる。しっかり沸騰させてから蓋をしてトロ火で20分ほど煮込む。

8.野菜に火が通り、塩コショウで味を整えたら完成


【Notes】
・「2」の工程での焦げ具合によってスープの香ばしさが変わってきます
・飴色玉ねぎは塩を少々入れ、強火で動かさずに放置、焦げそうになったら差し水(大さじ1)を加えて炒める。を繰り返してやると10分チョイで完成しますよ
・「6」の工程で人参とじゃがいもなどを炒めていますが、煮崩れを防ぐためなので必須ではありません。気にしなければ炒めなくてもOKです 笑
・「トロ火」と書いている工程は本当にごく弱い火でおこなってください

 

ビーガン ニラ玉(スクランブル豆腐)前のページ

天日干し野菜のすゝめ次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP