その他

Tシャツを買って動物を救う「CHARI-T」

日本では年間約10万匹以上の犬や猫が殺処分されているそうです。
(虐待や見放すといった、人間の身勝手な行動が主な原因)

Tシャツを購入した代金の一部が、そのような動物を救うために寄付されるとしたら素敵なことだと思いませんか?

先日、そんなコンセプトのTシャツを「CHARI-T 」さんから購入したのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

■「CHARI-T」とは?

「CHARI-T」とはその名の通りTシャツを通じて、日本や世界で困ってる人にチャリティー(寄付)するこれまでに類のないドネーション型アパレルブランドです。
Tシャツはすべて3,900円(税別)
その内,1,000円をチャリティー(寄付)させていただきます。
寄付した金額につきましては、WEBサイト上で都度、報告させていただきます。

とホームページにあります。

一着あたりの寄付される金額がきちんと決まっていて、コレクションごとのチャリティー合計金額がサイトに表示されています。
この記事を書いている2018年6月現在でのコレクションは2つ。

今回はその中からCollection 2 神奈川県動物保護センター」のTシャツを購入させて頂きました。
(因みに Collection 1 は熊本地震 復興への寄付です)

※Tシャツの制作会社は「SWEAT.jp さんです。

■動物を処分するための施設から生かすための施設へ

もともと殺処分のために作られた神奈川県動物保護センターの施設。
(平成26年度以降、犬・猫の殺処分ゼロを継続)

老朽化の他に動物たちにとって住みやすい環境とは言い難いことや、動物愛護精神の普及啓発の拠点としていく為、平成31年度の開設を目標に同施設を建替えるそうです。
※詳しくはこちら

この「Collection 2」の中から購入したTシャツ代金の一部が「神奈川県動物保護センター建設基金」へ寄付されます。

■子供から大人まで着られるデザイン

Tシャツのデザインは8種類で各2色展開の全16タイプ。

シンプルで可愛いイラストはNY在住のイラストレーター 松本セイジ氏による描き下ろし。
年齢や性別を問わないデザインとなっています。

サイズもキッズサイズ(110cm)から用意されているので親子お揃いで~なんてのもいいんじゃないでしょうか。

シャツの生地もプリントもしっかりしてますし、着心地もいいですよ♪

スポンサーリンク

■流行ではなくストーリーを考える

流行を取り入れて大量生産される安価なファストファッションを否定はしませんが、エシカルなこの時代、その洋服を購入する前後のストーリーを考えることも大切なんじゃないかと思うんです。

このTシャツ通して動物保護センターを知る人がいたり、センターの存在はなんとなく知っていても建設基金については知らなかった人だっている筈です。

そして、このTシャツを購入することで救われる動物や施設で働く人の支えになるというストーリーがあります。
また、着た人は動物愛護について意識するでしょうし、もしかしたら子供への教育の一つになるかもしれません。

「CHARI-T」さんのTシャツにはそんな素敵なストーリーが込められている気がします。
これもひとつの「エシカルファッション」なんじゃないでしょうか。

洋服を買って「安かったねー!良かったねー!」で終わりじゃない。

とにかく少しでも多くの人にこのTシャツの存在を知って欲しい。そう思います。

おまけ♪

Tシャツ制作をされている「SWEAT.jp」さんでは自分だけのオリジナルプリントで様々なアイテム(Tシャツやノベルティグッズなど)を作ることができます♪

個人的にはエプロンを作りたい衝動に駆られました 笑 見てるだけでも楽しくなりますよ♪

SWEAT.jp ホームページhttps://www.sweat.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP