その他

カゴメから新発売されたヴィーガン パスタソースを食べてみた!

今回は、庄司いずみ先生のスタジオへ行った際にいただいたヴィーガンでもOKなパスタソースを食べてみたのでその感想を。

スポンサーリンク

■ヴィーガンの人でもOKなパスタソース!

カゴメ株式会社よりヴィーガンの人も食べられる2種類のパスタソースが発売されました。
(全国発売は2019年7月30日)

・「根菜と大豆ミートのボロネーゼ」
・「きのこの豆乳クリーム」

動物性原材料は配合せず、植物素材を使った業務用のパスタソースです。
少ない提供食数にも対応可能な1食使い切りのポーションタイプでロングパスタ以外にもショートパスタや上掛け用のソースとしてもご利用いただけます。
ホテルや外食店などでのヴィーガン及びベジタリアン向けのメニューにもおすすめです。
カゴメ株式会社>ニュースリリース

 

確かに、ベジ系じゃない飲食店がヴィーガンの対応を迫られたらなかなか難しいと思うんです。

特にチェーン店などでは「誰が作っても同じ味でなければならない」といった前提があって、しかもスタッフの殆どがアルバイトだったりするわけで。

そんな時、こういう商品があるというのはとてもいいことですよね。
お店側にとっては心強いでしょうし、お客側としてもヴィーガンを知らない人が知るきっかけになるかもしれない。

「ヴィーガン」という存在はインバウンドの関係もあってか多少は知られてきましたけど、それでもまだまだ知らない人の方が多い。
そういう意味でもカゴメさんという有名な企業がヴィーガン対応の商品を出したってのは凄いことだよな〜と。
食べながらそんなことを考えてました 笑

■いざ実食!気になるお味は?

ボロネーゼと豆乳クリームをそれぞれ頂戴し、両方食べたんですけど 写真に撮ったのはボロネーゼだけです。。
豆乳クリームのほうは撮るの忘れました。ごめんなさい 笑

・きのこの豆乳クリーム

ソースの量
今回はショートパスタ(ペンネ)にかけて頂きましたが、乾麺の状態で〜120gくらいまでがベストだと思います。
それ以上多く茹でると1パックでは足りないかと。

ソースの味
ちなみに、レトルト食品にありがちな「具材が全然入ってないじゃん!」みたいな感じはあまりないです 笑
お世辞にも具沢山とは言えませんが、思ったよりは入ってるかな〜といった感じ(察してください 笑)

味の第一印象は
しっかりした味付けがしてあっていいじゃん!
でした 笑

べつに上から目線で評価するつもりはありませんよ 笑

もっと物足りないかと思ってたんです。
でも、それなりにコクもあったし ちゃんとクリームしてました。

個人的にはブラックペッパーが結構効いてるな〜という印象。

・根菜と大豆ミートのボロネーゼ

ソースの量
これはクリームソースと同じ印象。
ロングパスタでも同じグラム数で考えていいと思います。
男性だと少ないと思う人もいるかも??

ソースの味
こちらは予想以上に大豆ミートがしっかり入っていて、驚きました。
野菜の味もちゃんと伝わってきます。

ただ、ちょっと甘さがあるかな〜?という感じも。
まぁ子供が食べる場合だってあるんでしょうから、そう考えるとこれでいいのかな?と思ったり。

どちらのソースにも言えることですが、レトルト食品というカテゴリーで考えると普通に美味しいと思いますよ。
(普通ってなんだよ?というツッコミはなしで 笑)

デフォルトのままで何かが足りなければ自分で具材を追加するなり調整すればいいだけの話ですからね〜♪

■通販で購入可能

こちらの商品、一応 業務用ってことになってますが、Amazonやロハコで購入できるようなので興味がある人は是非!!
(これを書いた時点ではAmazonは「Amazonパントリー」以外まとめ売りっぽいです)

Amazonのレビューを見ると
「濃い」「薄い」「満足」「物足りない」「具沢山」「具が少ない」など千差万別。まさに十人十色!
中には「クリームが薄かったので生クリーム足しました」みたいな書き込みもありましたが、流石にそれは…笑

普段料理しない人はもちろんのこと、料理するけど「今日は料理したくなーい!!」って日のためにストックしておいてもいいかもしれないですよね 笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

PAGE TOP